オシゴト バックアップ ぴろきちコラム

「バックアップしておけばよかった・・・」

となる前に、とりあえずフォルダのコピーでいいので、まずはバックアップを取ってください。

 

消えてしまってから相談されると、想像しているよりも費用がかかって、想像の10倍くらい費用がかかると思っていいです。もっとかかることもフツーにあります。

 

「消えたデータを復元したい」ならまだダメージとしてはしれているのですが、今はハッキングされるリスクが急激にあがっています。だって、テレワークしてる人が増えてるわけじゃないですか。普段はあまり使っていなかったパソコンが、1日のほとんどの時間をインターネットに繋ぎっぱなしになっているわけじゃないですか。大丈夫・・・なんですか・・・?その環境、イケてるんですか?

 

ハッキングされた経験のある人ならわかるんですけど、経験のない人にはまーーーったく想像ができない話があるんですけれども、信じられないくらい引きずります。1年とか2年とか。これ、念押しなんですけど、1年おきに思い出す、とかではないですよ。1年中ずーーーっと引きずられるんです。30分おきにメールがくるんですよ。「あなたのパスワードはこれですよね?」「こんなパスワード使ってますよね?」って。「なんで全部知ってるん???」ってなったりして、「まだハッキング続いていて今でも監視されているのか?」って思うわけです。そんな風に思っているうちに、サーバー会社の保守作業でメールはいったん送信できなくなるし、その間もSPAMメールは届き続けるし、クレジットカード止められて再発行になったり、もちろん引き落としは全部手続きしなおさないといけないです。他には、どこのホームページにいってもログインできなくなっていたり、パスワード再発行したりとかして、めっちゃめんどくさいことになります。

 

それでパスワードを使いまわしていたりすると、今なんかだったら、それこそ100件以上は使いまわしてたりすることあると思うんですよ。全部チェックして、全部のパスワードをバラバラにして再設定しなおさないといけないんですよ。その間もずっと、変更する前のハッキングされたパスワードの情報がメールで送られ続けて、「まだ他にも変更していないホームページがどっかにあるのかな」って心配するわけです。

 

・・・とかいったことにならないように、バックアップはしてください。「バックアップしてなかったんですけど、データ消えました」という相談がこの世からなくなりますように。

  • この記事を書いた人
ぴろきち

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。 世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。 食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

-オシゴト, バックアップ, ぴろきちコラム

Copyright© ぴろきち , 2020 All Rights Reserved.