活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

真・コンタクトレンズ・デビュー!!!

カテゴリー: ぴろきちコラム



前回、初コンタクトがうまくいかなかったことを書きましたが、また行ってきました。

 

コンタクトにする目的はこれまでと変わらず、バスケットボールをするためで、そのときにメガネ着用が禁止なのがコンタクトにする理由です。バスケがしたいです。

 

前日にちょっとしたミーティングがあって、そこで「コンタクトレンズ、うまくいかないんですよねー」と話題にしたところ、すごく盛りあがって、思いもよらない発見がありました。

 

眼科でのコンタクトの練習でめまいがしてから、やっぱりコンタクトを選ぶのか、ゴーグルメガネにするのか、迷いがあったんですよね。だから、次にまたコンタクトをうまくつけれなかったらどうしよう、どうせ・・・やっぱり・・・ってなるんだったら、もうはじめからゴーグルメガネにすればよくないかな?って感じてました。それくらい、前回のめまいは嫌な経験だったんです。

 

でも、ステキな経験もあわせてしてました。眼科の先生から、させてもらってたんです。

 

長年メガネ生活をしていると気づかないのですが、メガネってフレームの内側にしか視界がないんです。フレームの外側はボヤケていて、見えていません。視界が制限されている。視界が狭いんです。

だけど、コンタクトにするとフレームの外側まで見えるようになるんですよね。これが、スゴい。たしかに昔は世界がこう見えてた。いつのまにか視力がだんだん落ちていって、ときどきしか付けなかったメガネが、常時になっていって、視界にフレームがあるのも当たり前になっていってました。

でも、本当は違うんですよね。

 

お試しでコンタクトをつけてもらった時、眼科の先生が「ちょっと外に出てみましょうか?」って提案してくれて、外が、遠くが、どう見えるかを体験させてくれてたんです。

うわー、全然違う!って驚きました。

表現する言葉を思いつかないくらい驚きました。

それで思ったんですよ。コンタクトつけたいなって。ゴーグルメガネじゃなくて、コンタクトにしたいなって。

この体験がなかったら、1度の失敗でゴーグルメガネを選んでたかもしれません。でもこれがあったから、またコンタクトにチャレンジしようと思ったんです。すごく大きな違いでした。

 

 

普段、モノを見るときにはメガネを通してるわけですが、メガネとコンタクトとで、見えるモノが違ってくるだなって思ったんですよ。2つの意味で。物理的な違いはさっき書いた通りで、精神的?な違いがあるなって。同じモノを見てるはずなのに、本当は別々のモノを見てる可能性に気づいたんです。あらためて感じた、驚きの気付きで、驚きの視点でした。

 

同じことを言い換えるだけなんですけど、恐ろしいことがあるんです。メガネ生活って、ずーーっとメガネのフレームを見てるんですよね。。。

同じようにボクの人生も、ボクが勝手につくった「フレーム」の中で完結してしまっていないかなってドキドキしました。

 

話が大きくそれてしまいましたが、今日、眼科へ最チャレンジしにいってきまして、無事にコンタクトをゲットしましたよ。長くなったので、その話は次につづくかな?

最近の画像つき記事

ライター紹介

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。

世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。

食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

本当にお困りの方はご相談ください