ぴろきちコラム

ボーダーレス社会と、ローカライズ

ボーダーレス社会について。
よくわからないけど、わからないから書いてみます。
変なところあったら やさしく指摘してください。
(けど、長いよ?)
世界同時株安とか言われて、株価はすごいことになってます。

日経平均は7000円以下になったし、25年ぶりの水準で、
バブルがはじけたときよりも下がっているようなので、
資産価値としては、この10年・20年積み重ねてきたものが
一瞬でなくなってしまったイメージでしょうか。

バブルの一番いい時期から始めたような人や、
ずっと下り坂だったような人には、本当に災難で。。。

お金が有り余っていた人や、レバレッジに踊らされてしまった人は、
「仕方ない」でしょうが、びっくりな出来事です。

だけど、年金が401kになっていて、さらに、もうすぐ受け取り時期の方は、
本当の災難だと思います。本当にコトバもありません・・・。

勝間和代さんがテレビで言っていました。
「投資は、経済の利益をみんなで分け合うんです。
だからみんな投資した方がいい」
(ボクの解釈が入ってて、ちょっと違うかもですが。)
って。
残念なことに、今回は損失をみんなで分け合うことになりましたね・・・。

今回のことで一番なくなってしまったのは、
ものすごく広い意味での“信用”だと個人的に思っています。

日本人は元々保守的な文化なので、
この先、いったいどれだけ保守的になるでしょう。
この辺りから、次の時代がみえてくる気がします。

 

他にも、多くのことに気付くことができます。

一番は社会がボーダーレスになっていることでしょう。
ウチのオシゴトでは、今のところ全く実感がありませんが。。。

立ち寄った居酒屋チェーン店のスタッフさんが、
中国系であんまりコトバを話せなかったりするのはもう日常で、
実体経済としては、顕著な例じゃないでしょうか。

他に「世界同時○○」とかよく目にするようになったのは、
IT普及が顕著に感じられる例でしょう。

ニュースはリアルタイムで配信され、
24時間以内に世界中の株価に反映されてしまいます。
10年前・20年前は、株価に反映されるまでに、
もっともっと時間がかかったはずです。

円高が急激に進んでいることで、
輸出国の日本は、経済的に大打撃なんでしょうが、
企業の海外進出で現地工場で生産しているところも増えてきていて、
“決め手になる打撃”が円高なのか、よくわかりません。
円キャリーとか、そういう原因もあるんでしょうが。

ITが真価を発揮しているのは、
やっぱり、世界をリアルタイムでつないでいるこの部分でしょう。

 

大前研一さんがよく言っていました。
「ボーダレス社会が到来して、
プロフェッショナルであることと、
コミュニケーションが大事な時代になっている。」って。
(ボクの解釈が入ってて、ちょっと違うかもですが。)

ここでいうコミュニケーションとは、英語力です。

日本は、陸でつながっている隣接国がなく、
四季があり、海産物が豊富で、やっぱり恵まれた国なんでしょうが、
他国との直接的な関係なしにやってこれたというデメリットを持っているんでしょう。

先進国で英語が話せない人が大多数な国は、日本くらいじゃないでしょうか。
ここにも何とか取り組んでいきたいと思います。

例えば、
「勤め先が外資系企業に買収されて、上司が英語しか話せない人になったら・・・?」
といった感じです。

「いやいや、ウチは自営業だから関係ないし」
というなら、
「取引先が外資系企業に買収されて、担当者が英語しか話せない人になったら・・・?」
といった感じでどうでしょうか。

いや、もう実際になってたりしないんでしょうか?
どなたか教えてプリーズ。

ただ、この“言語”という問題は非常に大きな問題だと思っています。

 

あと、ローカライズの問題があります。地域化ってことです。
地域性を重視していきましょうねってこと。

一番の問題は、何といっても「文化」でしょう。

海外で、子どもがかわいいからと思って、頭をなででしまったりすると、
その父親から撃ち殺されるかもしれません。
(おおげさですけど・・・)

イスラム圏では、数年前、“レイプ被害者が死刑”になったらしいです。
(理由は、婚外交渉です。)

マニュアルに書いていること以外はやらない外国人労働者なども文化の違いでしょう。
“あたりまえ”が違うわけですね。

その中でも避けられないのが、「日本語文化」だと思います。
ITを使ったサービスで外資系企業が一番苦労しているのは、
日本語なんじゃないだろうかと、個人的に思っています。
日本人が国内向けで、ビジネスや生活ができているのも、
島国ということも大きな理由でしょうが、
日本語文化のおかげだと思っています。

 

ただ、ボーダレス化することで、
この先、10年もしないうちに、
都道府県を移動するような感じで他国へ移動する日が来ても
特別おかしくない気がします。

ヨーロッパなんて込み入ってるし、そんな感じじゃないんでしょうか。
知らないけど。。。

 

「奈良の鹿でも見に行ってくるわ」という感覚で、
「マチュピチュ行ってくるわ」ってな感じになる日が来るんでしょうか。

不安もありますけど、何かワクワクしませんか?

 

  • この記事を書いた人

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。 世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。 食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

-ぴろきちコラム

Copyright© ぴろきち , 2021 All Rights Reserved.