ぴろきちコラム

ほめる達人「ほめ達検定 3級」をうけてきました

先週の土曜日、大阪で、ほめ達検定があったので受けてきました。


「ほめ達!」ってなに?

リンク先から引用しますと、こういった人のことです。

「ほめ達!」=「ほめる達人」。
目の前の人や物・商品やサービスなどに独自の切り口で価値を見つけ出す価値発見の達人です。

「ほめ達!」3級検定+ほめる達人という生き方セミナー【有限会社シーズ】

 

以前から「ほめ達!」こと西村さんとは面識があって、ほめ達検定のことは知っていたのですが、タイミングがなかなか合わず、今回ようやく参加できました。「ほめ達!」としてテレビでも取り上げられているので、ご存知の人も多いと思います。

 

今回スケジュール的には厳しかったのですが、ムリに調整して参加したんです。

それがなぜかというと、ここ最近のボクのテーマは「伝える」こと。

話したり、聞いたり、考えたりは、どうにかできるのですが「伝える」のはひとつ次元が違っているようで、考えている以上にすんなりいかなくて困っています。

「ほめる」って「伝える」に直結してるわけじゃないですか。これは確実に「伝える」スキルアップにつながるだろうと感じたんです。

 

受けてみて感じたことは、頷きが多すぎて首が折れそうになった!・・・のは言い過ぎですが、ボクが去年1年間かけて発見したことが、このほめ達検定には満載だったので、うんうん頷いていました。参加する前、「ほめる」はもっと表面的で、テクニックとしての問題解決だとイメージしていたんです(西村さんすみません!)。「ほめる」ことで本質的な問題が解決され、自分自身が成長するんですねぇ。

 

昨年多くの人に助けてもらった結果、生きる信念・働く信念を手に入れたと内心ではすごく喜んでいました。これとほめ達には多くの共通項があったのですが、ほめ達検定を受けながら、そして西村さんのセミナー聞きながら、

「(これは多くの人が当然のように“前から”知っているんじゃないだろうか・・・)」

と感じて、やっとスタート地点にたったと思っていたのに、スタート地点からあまり進んでいないような気がしました。

 

まだまだのびしろがあることの証でもあるので、突き進んでいきますね。

 

 

そんなわけで、無事にほめ達検定3級の認定をいただきました☆

褒められたい方は、3級のぴろきちまで今すぐご連絡くださいね。

 

ほめ達検定を知った昨年じゃなくて、今年の今の時期に参加したのがよかったです。

やっぱりこれは必然っていうんでしょうね。

 

  • この記事を書いた人
ぴろきち

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。 世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。 食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

-ぴろきちコラム

Copyright© ぴろきち , 2020 All Rights Reserved.