ぴろきちコラム

自分と向き合って答えを出すことを、心理カウンセラー山崎孝さんに引き出してもらったお話

人生は自分と向きあうことだと考えているので、考えすぎだと周りから心配されるくらい向き合うのですが、行き詰まってなかなか進まないことがあります。目の前の問題をどうやって解決していけばいいかわからない・・・。だけどその「答え」は、自分自身がよく知っています。ただ、自分では見ないようにしているか、(自分自身で)何かでフタをしてしまったからみえていないか、いずれにしてもその答えは「本当は」自分がよく知っています。

 

答えを知っていても、それを解決する行動に置き換えるのには壁があります。もやっとしたまま過ごしてしまっているのであれば、限られた時間をムダに使っているのかもしれません。昨年のボク自身がこの状態だったので、心理カウンセラーの山崎孝さんに引き出してもらった話を書きます。

 

「本当は自分がよく知っています」と書きましたが、フシギなもので、自分では見づらい死角があることも感じています。だれかを通じてそれを知ることが世の中の多くですし、仕事における顧客満足はこの最たるものです。だけど自分の内面には、自分が時間をかけて向きあっていくしかないのでは・・・?ボクの場合は、なるべく早く解決する必要があったので、集中してカウンセリングをしてもらって、その結果、2011年のスタートを切ることができました。

カウンセリングをしてもらうにあたり、山崎さんに「ボクが答えを持っているはずなんだけど、整理できないで困っている」と伝えました。もやっとしたことが積み重なって、いろんなことが見えにくくなっていました。だれかから、新しく何かを教わりたかったわけではなくて、もやっとしたことを整理するのをサポートしてもらう必要があると考えていました。それをカウンセラーがやってくれることを、周囲の人に教えてもらって知りました。

時間を決めて、解決したいこと(=目的)を決めて、山崎さんに助けてもらううちに、考えはどんどん整理されていきました。また、依頼前に考えてもいなかったようなことまで出てくるようになりました。もやっとしていたことは、もちろんクリアになりました。

問題が解決して、ボクが感じたことは、「ココロとカラダはつながっている」こと。自分の中で本質的にココロが納得するまでに達しないと、ボクの場合はカラダがついてこないということを感じました。

定期カウンセリングの終わりに、山崎さんから「ボクの頭の中」と「考え方の変化」をまとめたシートをいただきました。カラフルで見やすいし、すぐ忘れてしまうので、机の横に貼っています。

自分と向き合って答えを出すことを、心理カウンセラー山崎孝さんに引き出してもらったお話

はじめての方には、体験カウンセリングを受け付けしておられるようなので、ボクと同じような悩みを抱えている方は相談してみたらどうですか。

心の悩み相談・千里中央、梅田、心斎橋 | 心理カウンセラー・山崎 孝
http://yamazakitakashi.net/

  • この記事を書いた人

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。 世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。 食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

-ぴろきちコラム

Copyright© ぴろきち , 2021 All Rights Reserved.