活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

やりきるために、やりきること

カテゴリー: 考える・言葉

長らく人生をサボっていますが、それでもこうして生きているのはフシギで、本当にありがたいことです。

 

仕事がら、アレもコレも知った気になってしまうことが多いのですが、“多い”のほとんどは勘違いでその気になっているだけ。実際に体験したわけでもなく、見たり聞いたり知ったりしただけで、現実がどうだかわからないのに、そうだと決めつけてしまいがち。

 

頭では理解してるようなので、決めつけてしまわないように注意はしているものの、いつのまにか立ち位置がダメな指標のほうへとズリズリ近づいてしまっているのを感じています。ダメサイクル、ダメ習慣ですね。

子どもに言う前に、自分がやる。子どもに期待する前に、自分に期待する。

カテゴリー: 考える・言葉

子どもとの関わりの中で、振り返りでは済まなくて、反省させられることがほぼ毎日あります。毎分毎秒あるかもしれない。

 

ボクは子どもが生まれたときから、子どもに期待していることがあって、◯◯であってほしい、◯◯にならないでほしい、◯◯ではなくてほしいなどなど。でもよく考えるとそれは、自分ができなかったことを、次の世代に負担させてるだけのような・・・。

 

負の連鎖はできるなら自分で止めたいし、深く考えてみれば、まず自分が向き合うことを決めて、挑戦することが必要なんじゃないかな。
そう思って、考えや行動を変えることにしました。

今年は「辛抱」

カテゴリー: 考える・言葉

201501今年は「辛抱」

1月に入り半月ほど経ちました。
モヤモヤがくっきりしてきたので、ブログに投稿します。

 

この前に何度も投稿しようとした下書きがあるのですが、公開前に違和感があって下書きのままにしていました。
勘って、あとから「やっぱり」ってなるんですね。
年始から感が冴えてるのかな。横に置いといて、ひとまず書きます。

 

今年は「辛抱」がテーマです。