活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

予約受付中!ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

カテゴリー: 本(ビジネス書・マンガ・雑誌)

仕事で出会うほぼすべての人にオススメしている本が「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」です。 この本を買って、ついてるシリアルナンバーを使って、オンライン診断をうけることができます。診断をうけると、「あなたの5つの強み」を教えてくれます。 ここで強みとは「資質」といわれていますが、ボクの解釈では「生まれつき持っているもの」です。生まれつき持っているものを使って努力すれば、結果が出やすいはずですよね。だけど、生まれつき持っているもの=資質=強み、は自分ではわかりにくい。それを明示してくれるのがこの本です。   そして、この本の続編が出るそうなんです! 「ストレングス・リーダーシップ―さあ…

すみません、育児ナメてました!「ママはテンパリスト」

カテゴリー: 本(ビジネス書・マンガ・雑誌)

この本はすごい。こちらこそ正直なめてました。

ウチの子はいつのまにやらもうすぐ5ヶ月になります。産まれる前はもっとボクが育児に関わるんだー!と思っていたし、関われる自分でありたかった。無知すぎてこんな大変だとは思ってもみませんでした。そして、、、これからさらにひどくなっていくなんて。

心をひらく「ほめグセ」の魔法

カテゴリー: 本(ビジネス書・マンガ・雑誌)

読んでて、お!と感じたところがあったので、ひさしぶりに書籍ネタで1記事かきますね。   タイトルをみて、お片付けのあの本と似た印象をうけましたが、出版社は別なようです。 88ネタのうちの4つ目に「ありがとう」があるのですが、これがボクが今年掲げた目標と完全にかぶって驚き! ボクの中で勝手に「こうだな、うん」と思い込んでたてた目標だったのですが、それに背中を押してもらえましたね。こういう考え方が、自分だけじゃなくて、だれにとっても気分がよくて、周りがすべて幸せになれるはず。     全体的には、ほめ達!検定3級2級をうけた方が、その後、実際にうまくいかなくて、やり方…

「こんなこと勉強して何の役に立つの?」と聞かれた時、どう応えるか

カテゴリー: 本(ビジネス書・マンガ・雑誌)

関連する記事があるので、先にリンクしておきます。

「こんなこと勉強して何の役に立つの?」と聞かれた時、言葉を尽くせない大人が知性を殺す: 不倒城

 

勉強が何の役に立つのかを全力で考えた。

同じようなことを考えたきっかけが、3,4年前にありまして、当時流行っていた「ドラゴン桜」っていう東大受験を攻略するマンガでした。