活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

チョキと発熱とぴろきちと

カテゴリー: 子育ては親育て

チョキの発熱が長引いていて、39度を超える高熱だったので、家の中はお葬式の真っ最中のような毎日が続いていました。なかなか大変な感じ。   熱が下がったり、上がったり、さらに上がったり、をくり返しながらも、最高値が下がることがないまま1週間ほどが過ぎてしまいました。もちろん病院に行って検査しましたが、特別異常はないとの結果で・・・。   チョキはときどきこういう感じになるので、検査しても異常なしなのはほぼわかってましたが、確認しないでさらに長引くとこちらの不安が増すばかりなので、1週間発熱ってなってくると、とりあえず行くしかないですよね。これで異常なしの、インフルエンザでもな…

チョキとチャッカマン

カテゴリー: 子育ては親育て

チョキ「お父さん、花火したい」 ぴろ「そうか、やろうか。チャッカマンどこにあったかな」 「チャッカマンって何?」 「チャッカマン知らんの?聞いたことない?」 「ないよ」 「チャッカマンはな、花火の時に現れるヒーローやで」 「ウソやろ!?」 「ホンマやって。おまえが知らんだけやって」 「お父さん、絶対ウソや」 「ホンマホンマ」 「チャッカマン、どこにおるん?」 「チャッカマンは花火をやるときまで、押入れのケースの中に入ってるよ」 「ウソやろ!?」 「ホンマやって。ここにおるねんて」 「お父さん、絶対ウソや」 「チャッカマンって何するヒーローか知ってる?」 「知らん」 「チャッカマンがいるのといな…

新しいゲームの攻略方法が難しい

カテゴリー: ぴろきちコラム

ススムワーク・ラボ」というサービスを新しく作り変えているところです。

 

これまでのサービスは、プレイヤーが1人でした。

関わる人が増えても、1人のプレイヤーがほとんどのことを決めてコントロールしてきました。

3人パーティー、4人パーティーになっても、
トラブルやイベントが発生しても、
1人で考えて1人で決めるだけでなので、
早く決断できて、対処までもわりとかんたんに行えました。

「1人プレイ」をどこまで追求していくかが攻略の肝になるので、その条件の中での効率を追求していました。

チョキと鏡の中の世界

カテゴリー: 子育ては親育て

チョキ「お父さん、鏡の中の世界があるって知ってる?」 ぴろ「うん、少しなら知ってるよ」 「どんな世界があるのか言うたろか?」 「言うてみて」 「オレがな、こっちで笑ったら、鏡の世界のオレも笑うねん!すごいやろ」 「そやな。すごいな。お父さんもうちょっと知ってるで」 「どんなこと?」 「1度しか言わないからよく聞いてな」 「うんわかった」 「お父さんが右を向くやろ?」 「うん」 「そしたらな、鏡の世界のお父さんは、左を向くねんで!!!」 「ええっ!」 「鏡の前にいって、お父さんがこっちを向いたらな」 「うん」 「そしたら鏡の世界のお父さんは、あっちを向くねんで!!!」 「ええっ・・・!」 「そう…

チョキとヨッシーのボスから学ぶ経営哲学

カテゴリー: 子育ては親育て

Nintendo Switchとヨッシーを買ってしばらく経ちましたが、みなさまにおかわりないでしょうか?チョキの環境は順調に進化していますので、本日もご紹介したいと思います。   チョキ「お父さん、今日時間あるん?」 ぴろ「今日はあるよ。どうしたん?」 「ヨッシーでボスがおんねん」 「がんばって倒せや」 「今日やってんけど何回やっても死ぬねん。だから助けて」 「うん、いいよ」 「じゃあ2人プレイに切り替えるね」 「準備万端やん」 「お父さんそいつ倒してくれたらいいよ」 「わかった、こいつがボスやな」 「頼むね」 「(・・・ってチョキ!・・・隅っこで飛び続けてるだけ、逃げてるだけやんけ…