活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

生まれたら人は必ず死ぬ。なのに自殺する人は年間・・・万人。

カテゴリー: ぴろきちコラム

人は生まれたら必ず死にます。それがいつなのかが正確にわからないだけで。余命3ヶ月なんて告げられたりすると、急に死が迫ってきたかのような錯覚に陥ってしまう。生まれたときから死ぬことが決まっているからこそ、死ぬことが怖くて不安に感じるのは当たり前なんだろうけど、そこから目をそらさずに向き合ってもいきたいと感じています。

 

ボクの両親はそろそろ平均寿命(?)を超えてきたこともあり、話し合ったりする機会が増えてきました。子どもが1才なので、あと20年は健康でおらんとなぁ、といいつつも、ボク自身にとっても人ごとではありませんね。

人はいつか死ぬことだけが決まっていて、それがいつなのかはわからないだけですから。

ステキな出会いつづき ~今日のステキ女子編

カテゴリー: ぴろきちコラム

ステキな出会い・再会が、昨年の終わりあたりから続いています。 その中でも、今日のステキな出会いについて書いておきますね。   ボクが好きな女性に、 笑顔がステキな天然記念物的女子がおられるのですが、 今日はまた別の笑顔がステキな女性にお会いしました。   しかもその方は、 天然記念物的女子に「今日も笑顔がステキですね」って、 ボクが前に話してた場におられて、さらにボクのこと覚えてはったんですね。   この女性。長所がなんと「ステキな笑顔です!」と自分で言うくらいの方で、「だれにも負けません」と。 つまりこの、笑顔のステキな女性2人が知り合いなのですが、これからどん…

冷蔵庫に潜む魂「レイゾウコン」のお話

カテゴリー: 子育ては親育て

前のことになるんですが、子どもが冷蔵庫の横の隙間に、いつもペンを投げるんです。

そんなとこに投げたら、ペンを取り出せないじゃないですか。

だのに、がんばってボクがペンを取り出しても、

またしばらくするとそこに投げるんです。

ペンを取り出すのが面倒だからイライラしながらも、おかしいなーって思ってました。

 

そしてある日、気づいてしまったんです、ボク。

1才の子連れで1日4つの打ち合わせに出かけてきましたレポート

カテゴリー: 子育ては親育て

「本当に大丈夫なの?」とヨメから何度も念押しされたのですが、ボクの中では「アリ!・・・だろう」という結論を出し、1才9ヶ月(重さ11kg)の子どもを連れて、1日打ち合わせでまわってきました。なかなかの山あり谷あり愛ありだったので、レポートとして記録しておくことにします。

1才の子連れで1日4つの打ち合わせに出かけてきましたレポート