活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

傷つきながら成長する

カテゴリー: ぴろきちコラム

子どもの頃って、大人からみると無茶ばかりしていましたよね。   ・ブランコからジャンプしようとして、すべって落ちて、鉄柵に激突! ・ブランコから落ちて、ブランコが後ろから頭にっ・・・! ・鬼ごっこで逃げていて、前を向いたら目の前に鉄棒が・・・!   だけどそういった無茶をして傷つきながら、「これをやったら痛い目にあうんだな」ってだれもが学んできました。傷つくことで学んで、成長してきたんですね。 子どもの頃、これを失敗とは考えなかったはずです。 失敗ではなく、行動して、経験することで、実体験として学ぶことができました。   だけど、大人になってからはどうでしょう? …

「感謝」や「ご縁を大切に」は当たり前!?

カテゴリー: ぴろきちコラム

「感謝」や「ご縁を大切に」。 3.11以降、特によく聞くようになった気がします。FacebookにブログにTwitterなどでもよく目にとまる気がします。 この言葉、ボクはわりとクールにみてたんです。   なぜかというと、「感謝」や「ご縁を大切に」は当たり前のことで、スタートライン。だからそれをどれだけ行動に移せるか、そしてどれだけ行動を維持できるかが重要なのであって、気づいただけでは何も変わらないっていう風に。   これ自体は正しいことだろうと今も思っていますが、気づくことがなければ行動にも移せないわけですから、その前段階である「感謝」や「ご縁を大切に」はやっぱり大切なん…

世界とは、自分が認識している領域

カテゴリー: 考える・言葉

世界地図を指さして、「これが世界だ!」というのは小学生でもわかる話ですが、 いったいどこまで世界のことをわかっているんでしょうか? TVやネットニュースで行ったことのない国の情報をみますが、 いったいどこまでわかるんでしょうか? 「実際に自分で見てないからウソだー!」なんていうつもりはありません。   ただ、具体的に 「自分が認識している社会」、「認識している範囲」を広げ、深くしていかないと、 自分にとっての世界は広がらないんですよねぇ。     今、LCCに代表される航空会社によって、特にアジアは狭くなっています。 あなたの世界もいっしょに狭くなってしまってはい…

等価交換

カテゴリー: 考える・言葉

この言葉の意味は「価値が同じものを、交換する」。

前から知っていたコトバではあったけど、深く考えるようになったのはこのマンガですね、「鋼の錬金術師」。終盤はちょっと・・・だったけど、全体的な評価は最高クラスで、多くの人にオススメしたいマンガです。時代の流れに反して、短いほうですし。全27巻です。完全版が出るそうなので、それを買えば巻はもっと少ないです。

すっごく深いテーマだな、って思いながら読んでました。(つづきは、ネタバレ含みます)