活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

インターネットは、わかっている人こそがうまく扱える時代に

カテゴリー: ぴろきちコラム

IT、特にインターネットは、どう扱えばよいかを事前にわかっている人が成功する時代になりました。「よくわからないけど、とりあえずやってみて、そこから考える」のでは、ビジネスとしての利用では、良い成果がなかなか出ないと思います。   これはジョギングする前に、パーソナルトレーナーに相談して、自分の目標にあったやり方を指導してもらうのに似ています。ジョギングを日課として続ける程度なら、トレーナーに相談しなくても自分でできるかもしれませんが、限られた時間を有効に使うため、目標に向かってまっすぐ進んでいくためには、効率の良いやり方を知る必要があると思います。   その前に、その土俵に…

ぱちっと目覚めた

カテゴリー: ぴろきちコラム

ぱちっと目覚めた。前日は早く寝たわけでもなかったし、朝から外出だったので、もうちょっと長く寝ていたかった。朝日はまだのぼってなくて、外は真っ暗だったので、布団で丸くなる・・・だけど眠れる感じがしない。しぶしぶ起きて、ネットしてわかった。そうか、阪神・淡路大震災の日か・・・時計をみると、5時50分頃。目が覚めた時間は、ちょうど震災があった時間だったとわかった。   前日寝るときは震災のことは覚えていなかったのに、朝起きて知っただけなのに、妙な感覚で。生きたかったけど生きることができなかった6,434人の分、少しでもがんばって、できることをやっていこうと思った昨日の朝でした。あれからもう…

話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」をみてきました。

カテゴリー: 映画・アニメ

話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」をみてきました。

フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏をはじめとして、Facebook誕生からこれまでをドキュメンタリー風にまとめた映画です。事実に基づいているが当人たちが協力していないので、ストーリーそのままが現実でないのはミソですね。ということから、この感想は映画のストーリーを中心に書いていますが、facebook等の現実にもちょっと触れています。判断はご自身でしてくださいね。

 

この映画を観る前に、あらかじめ知っておくことは、「facebook開始前のパートナーと、facebook共同創業者との2者と、訴訟を経た話だという点」。これをわかっていないと、序盤のやりとりがわかりにくいことこの上ないでしょう。

 

また、娯楽としてみるもの・みれるものではなくて、今の時代、ビジネスがどういった変化をしているのかをひもとく映画で、見終わったときの感想は、「作ったもん勝ちなのか・・・」でした。「アイデアには価値がない」とも昨今では言われていますし、自分に置き換えたときにどう考えればいいのでしょう?他の人のアイデアを元にし、それを改良してfacebookを作りました。お金の面だけれみれば、いくら訴訟しても、時価総額2兆円と言われているfacebookだからいくらでも払えるとはいえ・・・うーん。ストーリー通りの経緯で立ち上げたのだとしたら、これからのfacebookがどう変化していくのか、興味津々ですね。すでに5億ユーザがいる時点でひとつの答えが出ていますが。