活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

戦いの場所

カテゴリー: ぴろきちコラム

もがきながら 模索して、 やりたくないことを、やらないようにしてきたからか、 やっとこさ進むべき方向が見えてきた。 なんとなくだし。まだぼんやりだし。 やりたいこと”だけ”をやるようにしたら、何かが変わってきている。 だけど、物ごとがどんどん進むし、どんどん決まっていく。 多くの情報が集まってきて、 多くのヒントをだれかれから自然にいただく。 チーズバーグディッシュ300gにするか、 おろしそバーグディッシュ300gにするかで悩むし、 大して変わりない服を選ぶのにも時間がかかる。 だけど、今はポンポン決めていくことができる。 アイデアもたくさん出てくる。   …

うおおおおおおおおおおおおおお

カテゴリー: ぴろきちコラム

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! 今日の仕事で、ボクの中でとてつもないことが起きた。 絵空事が現実になったカンジ この感動のすごさをだれかに伝えたいけど、 伝わるヒトはたぶんいない。 ジブンだけ・・・いわゆる、じこまん。 こんなことで、一喜一憂しててはいかんとも思う。 というわけで、続けてがんばります。 妙にテンションが高い。 ギザなんとか~~、テラなんたら~~、 みたいに言いたいけど、 よくわからないのでやめとく。    

ほか弁

カテゴリー: ぴろきちコラム

ほっかほか亭の弁当のことを「ほか弁」 というけれど、 ほっかほか亭なのか、 ほっかほっか亭なのか、 非常にややこしくて、 関東 = ほっかほっか亭 関西 = ほっかほか亭 というらしい。たぶん。 別に、ほっかほか亭が、 ほっかほかなのか、ほっかほっかなのかは、 ボクにとっては、ほっかほか どうでもいいことだけれど、 「ほっかほか亭」と「ほっかほっか亭」とが 同じお店のことをさしているのは、非常にややこしいので、 ほっかほか亭とか ほっかほっか亭とは言わずに ほか弁と呼んだ方が、 ほっかほか亭にとっても、ほっかほっか亭にとっても、 どちらにも都合が良いのかもしれない。 ほっかほか。  …

よくわからんけど権利やねん

カテゴリー: ぴろきちコラム

権利について よく考えています ボチボチですが勉強しているつもりです。   ボク自身が、技術者から今の状態へ 「華麗」なる転身をしてきたこともあり、 クリエイティブな立場、 エンジニアの立場が身に染みてよくわかっています。 クリエイターを守ることに熱心な気持ちがあります。 ですが、市場・・・特に大阪とかいう地域では、 権利うんぬんなどと言うと、すごく怪訝な顔をされます。 権利にお金が発生する ということが すごくわかりにくいんですね。 ボクにとっては長い間、 孫請け・ひ孫請け、 家系図でも書かないとクライアントがわからない ような仕事をして、よく泣いていました。 いつのまにか発注する…