活かされ、護られている
事業の可能性が“勝手に”拡がります

教えてくる子どもの背中

カテゴリー: 子育ては親育て



先日、家で片付けをしていたときのことです。

「お父さんなー、こっちでお片付けの仕事してるからなー、チョキは遊んどき」

 

と伝えておいたのですが、しばらくすると玄関のあたりで何やらしている様子。

たいがいこういう時はいらんことをしているので、叱ってやろうとみてみたところ・・・

 

 

!!!

!!!

なんと!

170423kutsu(くつを並べるチョキの背中)

 

玄関のくつを、ひとつひとつキレイに並べているじゃないですか。。。

1回だけ、1回で終わりのことだろうと思っていたのですが、この後数日はくつをキレイに並べる活動を主体的にやっています。だれも教えてないんだけれど、何があったの。。。

 

 

この行動を表した言葉があります。

 

「時を守り、場を浄め、礼を正す」 森 信三 氏)

この中の2つ目ですね。

 

「場を浄める(清める)」を、どうやら行っている様子。

こういうのって、大人でもなかなかやらない、できないことを、5歳児が・・・。

 

いつまで続くかわかりませんが、今後も彼を見守りながら、ボク自身が率先して行動しなければならないことを痛感させられました。

最近の画像つき記事

ライター紹介

ぴろきち

ぴろきちです。大阪生まれで大阪育ち。関西人らしくないと薄々感じてましたが、どうやら血は大阪人じゃないようです。環境で大阪人になってもよさそうなのにね。

世界遺産めぐりが好きで特に遺跡に興味があります。他には神社や寺めぐりをして、御朱印集めをはじめてまもない状態。自分のルーツ・人のルーツをたどることが好きで、家系図づくりをしていますが、4世代より前へなかなか進めずにいます。肌が弱いので、タバコの煙が苦手。お酒もほぼ飲みません。

食べ過ぎたりもしたけれど、ぴろきちは元気です。

本当にお困りの方はご相談ください